不倫サイト集

ホーム > 不倫サイト集 >RSS/ATOM 記事(26053)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。
rdf  rss  atom 

エッチの後に既彼の腕枕や胸の中で眠るのが好き
from 夫婦生活 投稿告白 (2018/11/16 18:20)
892 名無しさんといつまでも一緒 お昼に待ち合わせて、夕方までホテルで過ごしてきました。 エッチの後に既彼の腕枕や胸の中で眠るのが好き。 既彼と一緒に眠ることが、一番
外注さんとはエッチのみの関係でいたいけど
from セックスレス〜夫婦生活を告白します (2018/11/16 18:20)
138 :名無しさんといつまでも一緒:外注さんとはエッチのみの関係でいたいけど、関係が継続してくると、やっぱり情もでてくる。 ただ、私の会いたいは、エッチしたいと紙
「私って××じゃないですかぁ」が口グセの女は、ゴーマン
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/15 20:30)
「愛」は 、 ときどき 、 ウソつき File-23 「私って××じゃないですかぁ」という口グセ 自分のことを説明するのに、 「私って××じゃないですかぁ」と 口にする人がいます。筆者は、この言い方が 大嫌い。そこには、わがままでゴーマンな 本性が潜んでいる??と思うからです。 【リンク・キーワード】 恋愛 恋人 恋愛小説 エッチ 不倫 オーガズム 性生活 みなさんの周りにもいませんか? いや、いるでしょ。1人や2人は、必ずいるはずです。 私ってェ、ホラ、高いところとか苦手じゃないですかぁ。 ← 知らないつーの、そんなことは。 高層ビルとかも苦手じゃないですかぁ。 ← だから、知らないつーのッ!! それに、私って、下付きじゃないですかぁ……。 ← あのね、だからね、私は、知らな――――いッ! この「 じゃないですか 」が、国語的にもおかしい――ということは、すでにさんざん指摘されてきたことなので、いまさら申し上げるまでもないと思います。 今回のテーマとしたいのは、こういうしゃべり方をする女性は、どういう心理的傾向を持っているか、ひいては、貴兄とのベッドの上で、どのようなふるまいをしたがる性的傾向を有しているか――ということです。 ...
部屋呑みする事になった
from レスされ男の浮気日記 (2018/11/14 08:46)
いきつけの店の通称「ママ」たちと、 部屋呑みをする事になった。 楽しみである。 とても仲良くして頂いているので嬉しい。 人を招くとなると、 クリアせねばならぬ事が何点かある。 ・おもてなし料理&酒 ・椅子の用意 ・帰りの時間
「好き」でも濡れない、「嫌い」でも濡れる女脳の不思議
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/13 19:36)
  好きな男には濡れるが、嫌いな男には濡れない。 女とはそんな生きものだと、男は思っています。 しかし、実は、そう単純な話でもないようで??。 性とエッチの《雑学》file.15 改訂版 R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。 15歳未満の方はご退出ください。 【今回のキーワード】 性交痛 偏桃体 【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫 前々回の File-13 『愛液は時間差で彼女を濡らす』 では、ヴァギナが濡れるメカニズムを解説しましたが、その逆はどうでしょうか? つまり、「 濡れない膣 」という問題です。 膣が濡れない、または濡れ方が十分でないと、ペニスの挿入はむずかしくなります。ムリに挿入すれば、軟らかい皮膚同士がこすれ合うことになり、女性側も男性側も、「痛い」としか感じなくなります。 いわゆる「 性交痛 」ですが、一度、そういう痛さを味わうと、「また痛いのではないか」という不安が先立って、ますます濡れにくくなってしまいます。 では、なぜ濡れないのか? この問題は、とても複雑なので、何回かに分けて解説しますが、濡れない原因の6〜7割は、男が作っていると言っていいでしょう。 ...
女はなぜ、スキャンダルに弱いのか?
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/11 20:30)
  だれか他人を評価しようとするとき、男と女では、 目のつけどころが違います。「スキャンダル」を問題に したがるのは、どちらかと言うと女。その理由は??。 愛が生まれる日本語・殺す日本語 レッスン 1-8 【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫 男と女は、住む世界が違う――と言う人がいます。 八ッつぁんや、んなこたぁねェだろう――と、長住は思います。 住む世界が違ってちゃあ、おまえさん、エッチだってできねェじゃねェか。ええ、八ッつぁんよ。 正確に言うと、こうではないかい――と思うわけです。 男と女は住んでいる世界が違っているのではなく、「住んでいる」と思っている世界、その見方が違ってるのではないか? 男女の会話を聞いていると、そのスレ違いがよくわかります。 まずは、よくあるこんな会話。 夫と妻が、子どもの学校の先生をめぐって、自分たちの評価を語り合っているところなのですが――。 会話例1 「子どもの先生の評価」をめぐる、夫と妻のスレ違い 夫 いやあ、今度の担任、なかなかしっかりした人だねェ。小学校の低学年に、はたして英語教育が必要か――って話で盛り上がっちゃったんだけどさ……。 妻 ...
自分をコントロールできる「つまみ」があればいい
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/09 20:32)
自分つまみ 〈1〉 自分ほど取り扱いにくいものはありません。 ワケもなくハラを立てたと思えば、落ち込み、 悲しくなったと思ったら、ワケもなくおかしくなる。 そんな「自分」をコントロールできる 「つまみ」があったらいいのですが……。 【リンク・キーワード】 メンタル エロ 恋愛観 男の心理 女の心理 官能小説 自分って何だろう? 自分って、いつもどうしてこうなんだろう? なぜ、自分は「自分」であって、「あの人」みたいではないのだろう? みなさんは、そんなことを考えて眠れなくなった経験、ありませんか? ええ、こういうことを考え出すと、眠れなくなるんです。 なぜかと言うと、この「 問い 」には、「 答え 」がないからです。 「答え」がない「問い」を発して眠れなくなるなんて、バカげている。そう感じたときから、私は、そんな「問い」を発することを止めました。たぶん、15歳かそこらのときのことです。 それでも、この短くてはかない一生を生きていく限り、私たちは、否が応でも、このやっかいで、わけのわからない「自分」という「いのちの容れもの」とつき合っていかなくてはなりません。 まったく、これ以上の不条理はありません。 しかも、この ...
西暦2072年の結婚〈63〉 最後の審判
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/07 20:16)
  R18 この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。 自宅で白血病と闘う立花真弓の夢に、 直美仁美が出てきた。真弓たちに「複婚」 を勧めた「I&You」のコンシェルジュ。 その直美が、夢の中で尋ねるのだった。 「この結婚を後悔してないか?」??と。 連載 西暦2072年の結婚 第63章 最後の審判 【リンク・キーワード】 恋愛小説 純愛 エロ 官能小説 この話は、連載63回目です。この小説を    最初から読みたい方は、 こちら から、前回から読みたい方は、 こちら からどうぞ。 「おっちゃんとは、もう、サッカーやれんとかなぁ」 学校が早く終わったらしい。いつの間にか、真弓のそばに努が腰を下ろした努が、だれに言うともなくつぶやいた。 その目は、真弓と同じ東の山並みの、その彼方の空を眺めている。 「そうだなぁ……」 われながら、力がない返事を返した。 努が心配そうに顔をのぞき込んでくる。 いかん――と思って、少し声を振り絞った。 「いやいや、そんなことはないゾ。まだまだ、努なんぞには負けない」 「ムリすんなって」 努はそう言って、真弓のひざをポンポンと叩いてくる。そのしぐさが、もうすっかりおとなのそれ ...
久々にまぐわう
from レスされ男の浮気日記 (2018/11/06 08:51)
今回は金曜日に元の勤務先に戻った。 到着して、なじみの店で一杯。 2人ほど合流してくれて、 わいわいと呑む。 楽しい♪ 翌朝は買い物があったので、 自転車で少し遠出。 距離にして6Kmくらいか? 少し風が冷たかったが、 かえって気持ちの良い陽気だった。 とある池のふちを自転車を走らせていると、 お泊りちゃんからラインが入った。
一日に3回、その人の名前を呼べ
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2018/11/05 20:30)
男と女のモテ技 N-12 ただのあいさつにひと言プラスするだけで、 相手の心にインパクトを与える言葉があります。 それは、その人の「名前」。それを一日に3回は 繰り返せ、というのが本日のモテ技――。 【SEOリンク・キーワード】 エロ 官能小説 モテ 不倫 M は「 男からのモテ技 」、 W は「 女からのモテ技 」、 N は「 男女共通のモテ技 」です。 かつて、私がよく訪問していたオフィスに、響子さん(もちろん仮名です)とおっしゃる、すこぶる感じのいい女性がいらっしゃいました。 感じがいいというのは、顔がいいとかスタイルがいいとかではなくて、もちろん、それもいいのですが、彼女が「好感」を持たれる理由は、もっと別のところにありました。 といっても、特別なことをするわけではありません。 とっても簡単なことなんです。 むずかしい技術も、特別の勇気も要らない、だれでもできること。なのに、あんまりやる人がいない。 彼女は、そのごく単純な方法で、オフィス内ばかりでなく、オフィスを訪れる男性たちにまで「好感」を持たれていました。 その方法とは? それは、 相手の名前を呼ぶ ――ということです。 ふつうのあいさつに「名前」をプラス ...

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [2606] » 

execution time : 0.428 sec

不倫サイト集メニュー

ランダム・リンク

+「モテる」品格
こどもから大人までの恋愛ポータルサイト+「モテる」 ...
不倫の切ない想いを共有して少し ...
いけない恋愛 駄目だとわかっていても更に好きに好き ...
夫婦生活を告白します
投稿された赤裸々な夫婦生活、セックスレス、夜の性生 ...
不倫恋愛〜Immorality love〜
『色々な愛の形』を不倫を通して探し続けている男のブ ...
Song for Story
21歳の小娘が10歳年上の既婚者と恋愛中。決して繋 ...
不倫生活(2番目の女)
不倫歴もうすぐ5年になります。彼との間にできた子供 ...
主婦senaの遠恋ブログ
主婦だけど大事な彼がいます。 遠恋だけど、 いつか彼 ...
恋愛心理★大作戦
恋愛には良い意味での駆け引きが必要です。 初心忘れ ...
不倫の悩みを告白します
みんなはどんな悩みをもっているの?自分と同じ悩みを ...
OYAJIの「プチ不倫考察」
既婚者中高年の不倫考察。日記・コラム・デート体験談 ...

Advertisement

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失