不倫サイト集

ホーム > 不倫サイト集 >RSS/ATOM 記事(26221)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。
rdf  rss  atom 

家族はボクを幸せにしてはくれない
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/15 20:30)
自伝的エッセイ 「創愛記」 Vol.1 「家庭」を「暖かい場所」「幸せを生み出すところ」とは、一度も思わずに、 ボクは幼年期・少年期を過ごした。 少年・長住にとって、「家」は、 いつか「出て行くべき場所」だった。 「おまえ、どこの子だ?」 3か月ぶりに家に帰った私を迎えたのは、父親のそんな言葉だった。 私が生まれて2年後に弟が生まれ、3年後には妹が生まれた。その度に、私は、祖母の家に預けられていた。 その頃、私の家は熊本にあった。 父は、福岡市西部の早良(現・早良区、当時は早良郡)の出身、母は小倉市(現・北九州市小倉北区)の出身だったが、損害保険会社に勤める父の赴任地がたまたま熊本だったため、私が生まれたときも、弟たちが生まれたときも、生誕地は熊本となった。 母が臨月を迎え、出産して、授乳などに手がかかる間、3歳になった私にまでは手が回らないだろうということで、私は祖母の家へ預けられたのだった。 それをだれが言い出したのかは、わからない。 わからないものの、私は、その期間、自分が家族の「やっかいな者」として扱われたのだ――と感じた。 父親の「おまえ、どこの子だ?」という言葉は、その疎外感を決定的にするひ ...
外注さんとはエッチのみの関係でいたいけど
from セックスレス〜夫婦生活を告白します (2019/07/15 10:54)
138 :名無しさんといつまでも一緒:外注さんとはエッチのみの関係でいたいけど、関係が継続してくると、やっぱり情もでてくる。 ただ、私の会いたいは、エッチしたいと紙
挿入される瞬間がたまらない
from 女性のH体験告白集 (2019/07/15 09:29)
えっちな21禁さん:とにかく誰かに抱かれたい私。掲示板で男漁りの毎日。待ち合わせして、少し飲んだら、容姿には自信あるので、潤んだ瞳で見つめてみる。自然とラブホへ行
「そんなことして何になる?」は、「禁句」です
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/13 20:30)
  あらゆる人間関係を台無しにしてしまうひと言があります。 「そんなことして何になる?」という言葉。口にする人は、 人間関係についての大事なことを、ひとつ忘れていて……。 愛が生まれる日本語・殺す日本語 レッスン4-3 夫婦・恋人・親子・上司と部下……あらゆる人間関係で使われる言葉に、「 そんなことして何になる? 」というのがあります。 筆者・長住は確信しているのですが、こういう言葉が飛び出す人間関係は、たとえ永年連れ添った夫婦であろうと、信頼を得ようとする上司と部下の関係であろうと、「おたがいを磨き合う関係」としては終わっています。 つまり、それ以上、深まりもしないし、進歩もしない関係――ということです。 しかし、私たちは、つい、使ってしまうんですね、この言葉を。 まずは、よくあるこんな会話例から――。 会話例1 「エコに目覚めた妻に夫が…… 妻 あ、そのキャップ、捨てないでね。集めてるんだから。 夫 何すんだよ、こんなもん集めて? 妻 それを集めて送ると、森の木が増やせるの。あなたも協力してよ。 夫 バカバカしい。そんなことして何になるんだよ。 妻 何にって……森の木を増やすと、それだけ、地球の温暖化が ...
やっちまった・・・
from レスされ男の浮気日記 (2019/07/12 09:19)
いや、もう半年以上「やってない」(笑) そうじゃない、 やらかしちまった。 お寝坊さんである。 何年ぶりか? 目が覚めた瞬間に周囲の明るさで分かった。 なんとなく分かるよね。 その日は元に勤務地へ出張であった。 日帰りの出張。 いきつけの焼鳥屋で久々にひとりで飲んでいたところ、 あれよ、あれよと人があつまってきて、 大人数の飲み会になってしまった。 ちなみに集まったのは単に偶然。 面白い店である。 懐かしい面子で随分盛り上がったのだけど、 気がつくと終電出発の5分前(^^; 見事に電車に乗りそびれたわけだ。 こうなったらとことん楽しむしかない。 という訳で、そのまま2次会、3次会と飲みわたり、 部屋に帰ったのは1時前だった。
ポーラに忘れな草〈8〉 早めのサンタクロース
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/11 20:30)
  ノックした繁を公子は部屋に招き入れた。 「私、あの人には何も奪われてないんよ」。 そう訴える公子の手に自分の手を重ね、 繁は指を絡め合った。 連載 ポーラに忘れな草 第8章 この話は連載 8回目です。最初から読みたい方は ⇒こちら から、 前回から読みたい方は、 ⇒こちら からどうぞ。 ここまでのあらすじ 深川繁は高校の3年間を下宿で過ごした。その下宿「花咲荘」に、母親に連れられてひとりの女子高生が引っ越してきた。ミッションスクールに通う矢田公子が障子戸一枚と廊下で隔てられた隣人となったときから、繁の生活が変わった。日曜日、部屋で『ヘイ・ポーラ』を歌っていると、障子の向こうからメゾソプラノのコーラスがかぶってきた。そうして始まったふたりのデュエットは、日曜日ごとの下宿の風物となっていった。そこへ、新しい住人が越してきた。近くのM大に通う学生・飯尾。混声合唱部に所属する飯尾は、ふたりのデュエットに割って入り、公子に「うちの混成」に「助っ人」として参加しないかと誘いかけてきた。ある夜、その飯尾が、テープレコ―ダ―を持って、公子の部屋をノックし、それからもしばしば公子の部屋をノックした。公子の部屋 ...
「処女」はいかに「偽装」されてきたか?
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/09 20:24)
  結婚相手に「処女性」を求める文化は、 近代まで世界中に残っていました。そんな世界で 盛んに行われていたのが、「処女の偽装」です。 性とエッチの《雑学》file.30 R15 このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。 15歳未満の方はご退出ください。 彼女との初めてのSEX。 そのベッドで、彼女に「 オレは何人目の男? 」と訊く男は、けっして少なくありません。口に出して尋ねはしないけれども気にしている――となったら、ほとんどの男がそうだと言ってもいいでしょう。 つまり、男は気にする動物なのです、 自分の順番 を。 かつて、筆者も尋ねたことがあります。 さすがに「何番目?」なんていう屈辱的な質問はしませんでしたが、「ねェ、キミの初恋は?」とお尋ねしたわけです。うならされたのは、彼女の答えです。 恋するたびに、それが初恋になるの。 この女にはかなわない――と、そのとき筆者は思いました。 ひとつ恋が終わるたびに、彼女のハードディスクは「 初期化 」されていたのでしょう。そうでないと恋なんてできない、というわけです。 実は、その女性は、筆者の事実上の初恋の相手でした。 男はなぜ、「処女」を好むのか? つまり ...
朝のお散歩デビュー
from レスされ男の浮気日記 (2019/07/08 16:20)
毎日朝5時前後に起床しているのだが、 ぼーっとTVを見たり動画をみているだけなので、 思い立って朝のお散歩デビューをしてみた。 Tシャツ、Gパンという恰好。 おまけに靴は革靴。 とても本気のお散歩では無いのだが、 とりあえず始めてみた。 5時15分・・・ 部屋を出て階段でマンションを降りてみた。 9階なのでまぁまぁある。 下りなので特に疲れはしない。
男はなぜ「彼女とのエッチ」を人に自慢するのか?
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/07 20:30)
「愛」は 、 ときどき 、 ウソつき File-35 男はなぜ「彼女とのエッチ」を人に自慢するのか? パートナーとのSEXを他人にどう話すか? それが男と女では、まるっきり違います。 男はなぜか、自慢げに語って聞かせます。 男の話の中では、彼女はなぜか、 「インランな女」として語られてしまいます。 あくまで、一般的に……という話ですが、恋人とのエッチの様子を友人などにベラベラとしゃべってしまう傾向は、男性のほうが強いようです。 あいつさ、会社じゃ、あんなにツンツンしてるけど、ベッドじゃメロメロなんだぜ。ねェ、ねェ……ってしがみついてきて、色っぽいなんてもんじゃない。女って、変わるよなぁ。 とか、 彼女、脱ぐと、けっこうエロい体つきしてんだよな。感じてくると、肌がポーッとピンク色に染まってさ……イヒヒ……。 なんて話を、酒の席の話題にしたりするのが、けっこう好きなんです、男ってやつは。 女性は――というと、あんまり、こんな話はしません。 カレとのエッチの話をすることはあっても、その話というのは、 わたし、カレとだと、なかなかイカないのよねェ。 とか、 こないだ、後ろからされたら、なんか、ものすごく感じたんだよね。 ...
ポーラに忘れな草〈7〉 心のドアをノックして
from 不純愛講座 by 長住哲雄 (2019/07/05 20:30)
自分たちの混声合唱団に参加しないかと、 誘う飯尾。部屋を訪ねた飯尾と公子が 部屋の中で争い、もつれ合う様子に、 大家が2階に駆け上がってきた??。 連載 ポーラに忘れな草 第7章 この話は連載 7回目です。最初から読みたい方は ⇒こちら から、 前回から読みたい方は、 ⇒こちら からどうぞ。 ここまでのあらすじ 深川繁は高校の3年間を下宿で過ごした。その下宿「花咲荘」に、母親に連れられてひとりの女子高生が引っ越してきた。ミッションスクールに通う矢田公子が障子戸一枚と廊下で隔てられた隣人となったときから、繁の生活が変わった。日曜日、部屋で『ヘイ・ポーラ』を歌っていると、障子の向こうからメゾソプラノのコーラスがかぶってきた。そうして始まったふたりのデュエットは、日曜日ごとの下宿の風物となっていった。そこへ、新しい住人が越してきた。近くのM大に通う学生・飯尾。混声合唱部に所属する飯尾は、ふたりのデュエットに割って入り、公子に「うちの混成」に「助っ人」として参加しないかと誘いかけてきた。ある夜、その飯尾が、テープレコ―ダ―を持って、公子の部屋をノックし、それからもしばしば公子の部屋をノックした。公子の部屋から ...

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [2623] » 

execution time : 0.444 sec

不倫サイト集メニュー

ランダム・リンク

人妻めぐみの秘密の恋愛
7歳年下の彼との出会いからと日常を  綴っていマス ...
不倫モバイルブック
不倫ノートブックの携帯サイト
恋愛は自由
私の恋愛経験・不倫経験
No Reason
不倫なんて、物好きがするものだと思っていました、自 ...
不倫の悩みを告白します
みんなはどんな悩みをもっているの?自分と同じ悩みを ...
和顔愛語
遠距離婚外恋愛しています。いつかは一緒になるために ...
不倫相談ドットコム
不倫でお悩みの貴方の助っ人サイト
僕と彼女の不倫日記
ごく普通のサラリーマンがハマった不倫への道! 日々 ...
不倫の心得
不倫は反社会的行為なことは誰でも知っている。しかし ...
秘密の日記☆
今年結婚が決まっている私ですが、退職した会社の先輩 ...

Advertisement

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失