[【不倫愛お悩み駆け込み寺】] トピック

不倫愛お悩み駆込み寺−1−プロローグ2009/11/13 13:03
セレナーデ
セレナーデ

不倫愛お悩み駆込み寺−1−プロローグ


<監修・浮気調査専門探偵社>






●ここではすべての既婚愛をテーマに
さまざまな悩みやトラブル、処理の仕方を

学んでいく、不倫愛必須のページです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




【現在の世相を確認する】




★急増する「妻の浮気」の相談

ここ数年、「妻の浮気を知った、妻の浮気に感づいた」と

いった相談が、男性の相談者から多く寄せられています。

相談者の年齢層は幅広く、下は20代から、

上は70代までと広範囲にわたりますが、

中心的なのは「40代前半から50代後半」の範囲で、

仕事をバリバリこなす熟年の相談者が中心です。

仕事に明け暮れ、ふと気付いてみると、

どうも妻の様子がおかしい、

おそらく浮気しているようだ、というのが、

最近急増している相談の典型です。





★妻の浮気が急増する理由



女性側を中心に考えるなら、

女性の社会進出にともなう家庭外での活動の

活発化や、家事労働の低減にともなう自由時間の増加、

そしてインターネットや携帯電話の普及による

出会いの機会の広がり、といった背景があり、

そこに、女性として扱われていない日常への不満や、

刺激を求める気持ちなどが加わって、

浮気や不倫に走ってしまうことが多いようです。

また、週刊誌やワイドショー、インターネットなどを

中心に、乱れた性風俗に関する情報が氾濫しており、

貞操についての感覚が麻痺してしまう、というのも

一因かもしれません。






★傷つき、うなだれる男性たち


まったく予想だにしていなかった妻の浮気の事実に

直面して、男性たちはただただ茫然とするばかりです。

裏切りに対する失望の気持ちや、

妻を寝取られたショックなどで、プライドは傷つき、

内容が内容だけに第三者にも相談できず、

多くの男性はたった一人で、

「夫婦関係の修復を図るべきか」

それとも

「妻や浮気相手に対して社会的な制裁を与えるべきか」

または

「早期に結論を出すことは避けてしばらく静観すべきか」

といったように、孤独に悶々と悩んでいます。


また、妻の浮気の原因は自分にあると考えて、

家庭を顧みなかった自分自身を責めたり、

家庭内での不祥事が仕事に影響する可能性を

心配したり、子供や親類への影響を心配したりと、

浮気された男性の救われない悩みは尽きません。




−つづく−




.

[【不倫愛お悩み駆け込み寺】] コミュニティトップへ

新規登録はコチラ ブログやコミュニティの利用など、当サイトに参加するにはユーザー登録が必要です

不倫書籍

ラブコスメ 口コミ

関連FAQ

フィードメーター - みんなの不倫日記&不倫ブログ

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失