メリさんの不倫日記&不倫ブログ

二人して遅番のときはいつも一緒に帰っていた。
車の運転ができない私をいつも貴方が送ってくれた。
今、私は以前のように一人、バス停で帰りのバスが来るのを待ってます。
以前はそれが当たり前の生活だったのに
すっかり貴方の助手席に慣れてしまっていたね。
時々、見覚えのあるナンバーの貴方の車が目の前を通りすぎます。
見るのが辛いからいつもスマホに目を落としています。
早く以前の生活に戻るように慣れなくちゃね。
だって前はこれが当たり前の毎日だったんだもの。
私 強くならなくちゃいけない。
やっぱり助手席は奥さんのもののようです。

恋愛・結婚ブログランキング

  • Yahoo!ブックマークに登録

前のエントリ | 次のエントリ

トラックバックping送信用URLを取得する

不倫関連書籍

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 つらいですよね
すごくよくわかります。

辛いですよね。

助手席は奥さん。私もそんなことわかってたのに、なんだか私が奪ったみたいな気持ちになってたところがあります。仕事以外で乗ることないのてま、まだましですが、きっと辛いだろうな。

一度慣れてしまった環境帰るの難しいから。
今朝も今晩も奥さん普通に彼と一緒にいる。それはかわらないし、慣れても変わることはない。
私とは違う。

傷はなかなか癒えないけど、がんばりましょうね。
satuki|投稿日時:2014/11/20 11:51|更新日時:2014/11/20 11:51
 早く元の生活に戻れるように…。
satukiさん コメントありがとうございます。
彼とのデートは主にドライブ中心だったので 今でも彼の車を見ると辛いですね。
ああ…、私はもう彼の車の助手席に乗ることはないんだな、と。
彼に言わせれば 終わって4ヶ月半もたつのに いつまでも引きずってるんじゃないよ なんでしょうね。
自分でも未練がましいってわかってるんですが。
メリ|投稿日時:2014/11/21 21:15|更新日時:2014/11/21 21:15

⇒コメントを投稿するにはログインが必要です

  • 不倫ソーシャル(SNS)
    不倫経験者専用のSNSサイトです
  • 不倫ノートブック
    不倫経験者達によるコミュニティサイト

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失