ぷゆぷゆさんの不倫日記&不倫ブログ

私は彼氏のことが大好きです。本当に好き。とても感謝していて幸せに溢れて暮らしています。

しかし、彼氏だけが好きな訳ではありません。ただ体を許しているのが夫以外には彼氏だというだけ。

それ以外にも大好きな男性が何人もいます。

その一人は主人の部下です。陰ながら長年彼を応援しつづけて来たのですが、今ではものすごい出世しました!もちろん一度も恋愛的なことはほのめかしたことさえもありませんが、彼を出世させてあげることが私の生き甲斐でもあります。

その男性も私のことを女神のように思ってくれています。

彼は私のことを守るためなら、命さえ捨てられる、と言ってくれたことが一度や二度ではありません。彼はだから私には一切アプローチして来ません。私が主人と幸せに暮らしている姿を見ているからです。

私は別に、容姿が際立って美しいわけでもなく、歌や踊りがうまい訳でも、楽器が弾ける訳でもありません。

そんなこと、男性が憧れる対象となるためには必要なことではないのです。

彼は時々「自分がこんなことをしたいと考えている」と伝えてくれます。
その時に私は
「あなたなら必ずできる。有言実行の人だから。いつもあなたのことを信じています。」
と伝えます。いつだって同じことを言葉を変えて伝えているのです。ただそれだけです。

ただし、心の底からそう信じて言っているのです。口先の言葉ではなく。
私は本当に彼のことを心の底からリスペクトしています。

女性にはそんな力があります。多くの男性を動かす力が。
下手をすると、国家さえ動いてしまうかもしれません。

私はそんな大それたことは考えておらず、周囲の大好きな男性だけに影響力を及ぼすことができればそれだけで大満足です。

大好きな男性を動かすことができるような女性になりたいと私は願い、それが叶うための幸せな努力を毎日して、女性としての人生を楽しんでいます。

FC2 不倫ブログランキング

  • 執筆者:ぷゆぷゆ
  • カテゴリ:恋愛
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (5639)
  • Yahoo!ブックマークに登録

前のエントリ | 次のエントリ

トラックバックping送信用URLを取得する

不倫関連書籍

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

⇒コメントを投稿するにはログインが必要です

  • 不倫ソーシャル(SNS)
    不倫経験者専用のSNSサイトです
  • 不倫ノートブック
    不倫経験者達によるコミュニティサイト

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失