touko777さんの不倫日記&不倫ブログ

私の当時の彼ハルと、マサの当時の彼女Kちゃんは遠くに住んでいる。

私もマサも遠距離恋愛をしていた。

だから、仲間のオフ会ではハルもKちゃんも滅多にくることはない。

オフ会ではいつも隣に座るマサ。そして私をからかう。

恋愛感情がなくても、マサの隣は楽しかった。

普段でもくだらないメールのやりとりにメッセもして、ほんと友達だった。

お互いの相手との付き合いが半年位たった頃のオフ会の帰り道。

マサが、

   「送っていくよ!」

と私に言う。


   「いいよ、電車で帰るから。方向ぜんぜん違うし」


断っても


「襲ったり、食べようなんて思わないからーー送らせろ!」


とニコニコ顔でいうマサ。

マサの押しに負けて、車に乗り込む私。

でも、やはり男の人の車の助手席に乗るということは緊張してしまう。

おとなしく助手席にすわっていると


   「なんだ?いつもの瞳子らしくないぞ?」


   「安心しろ!何もせずにきちんと送り届けるから」


と言ってくれるマサ。その言葉に安心して、今のお互いの彼、彼女の話やら雑談で盛り上がる。

私の家に近づいてきた頃、突然


    「瞳子、エッチしようか?」

    
「はぁ???何いってるの?マサ・・食べないって約束でしょ?」


と笑いながら答える私。


    「いや、今日じゃなくて今度。」

    「だーーーめ!!」

    「いいでしょ?1回だけ!!」

    「いやぁぁあ〜〜だ!!」


とアカンベーをする私。

すると笑いながら話していたマサが


    「じゃ、エッチじゃなくてデート!!!」

    「似たようなものじゃないのぉーもぉぉ!!」

    「いや、デートとエッチは違います」

    「だめ、Kちゃんにばれたらたーいへん!」


マサの彼女、Kちゃんもチャット仲間であったので、私はマサとののろけ話をきいていて、ほんとKちゃんはマサが大好きなんだなぁーとわかっていたしね。


「Kちゃんはマサのこと大好きなのに、こんな話きいたら悲しむよ?」


といっても


     「お願い!1回でいいからデート!!!」


結局押された私は、


「じゃあ、1回だけ今度○○で仕事があるから、その仕事の後でいい?」


と約束をしてしまった。

マサは大喜びして、


     「絶対だからね!!」


とその日は、襲われることもなく食べられることもなく、私の家から少し離れた最寄駅ではない隣駅でお別れをした。

私の当時の彼、ハルにも隠すことなく


     「今度マサとデートしてくるわー」


と電話で報告。


     「なんだよ?それ?」


と電話で怒っていたけど、私にとっちゃハルが怒っていてもヤキモチ妬いていたとしても、まったく気にならなかった。

私にとってのハルはやはりどーしてもどーしても離れたくない!!という彼ではなく、私を楽しませてくれる存在・・。

好きではあったけど「愛」まではなかったんだろうなぁ。

でも、デートをすると決めた日までの間も、Kちゃんは色々とマサの話を私にしてくる。

心の中では苦しくて。

マサにもメッセで何度か

 
 「やっぱりKちゃんに悪いよ。やめようよ」


とお願いするが


 「取り消しはできません!!!」


と言われるだけで。あーあ・・

そして、マサと初めてデートする日が来た。



  

恋愛・結婚ブログランキング

前のエントリ | 次のエントリ

トラックバックping送信用URLを取得する

不倫関連書籍

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

⇒コメントを投稿するにはログインが必要です

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失