「家族」のアーカイブ

珍しく彼女が遅刻してきた

お昼休み…
いつも彼女と仲の良い同僚の話し声が聞えてくる


「○○がどうしても欲しいってダダこねるから」


何のことかと気になり、よくよく聞いていたら

妖怪ウォッチのメダルを子供が集めているらしく
全種類そろえるのに必死だとか…

それに付き合わされて
今日はわざわざメダルを買いに行き
遅刻という話だった


あまり大きな声で口外するような事では無いと思いながらも

母親としての一面を垣間見た気がする

そして子供を大事に思っていることに
何故か安心感を覚えた

不倫していることで子供に無関心になったり
態度が変わるようなことは望まないから

これまでも、これからも、
不倫はしていても
子供にとっては母親であってほしい

今日の順位は?

  • 執筆者:白井
  • カテゴリ:家族
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (1340)

今日の仕事は朝から夕方まででした。

それでも、陽はとっぷりと暮れていて、
昼間は季節外れなほど暖かだったのに、
容赦無い北風が頬を打つ。

(寒い風で、小皺が増えるじゃん…)


心の中で、一人ごちながら苦笑いしてみたり。


クリスマスケーキをどうするのか、
曖昧なまま、イブを迎え、

夕方のスーパーマーケットに立ち寄ってみた。

昨年までは沢山並んでいたようなのに、

19時前で残り二個。
モンブランと生チョコケーキ。
いずれも3000円近く。

微妙な選択肢だな〜と思っていたら
同じように眺めてはうろうろしてる人が
何人か居て(笑)

(発注、下手だな…)


結局、
インド料理のお店に行き、
タンドリーチキンや、インド風唐揚げ、
シシカバブ等の盛り合わせ、

それぞれのカレー、ナン、
私はグラスビールを一杯。

そして、
温かいチャイ、ラッシーなどなど。

三人で 目一杯食べて、クーポンも見せて、
3500円♪

クリスマスケーキ代と
余り変わらなかった。。


子ども達の、
クリスマスの思い出に
少しは彩りを添えられたのかな。

私の稼ぎでは、何も出来ないけれども。




彼は忙しくしているみたい。

元々はメール無精な人だけど、

忙しい合間をぬって、短いメールをくれた。

それだけでも、心に火が灯る。

ありがと。

恋愛・結婚ブログランキング

  • 執筆者:if
  • カテゴリ:家族
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (1754)

家人との毎日のウォーキングは、本当にすっきりして楽しい。

家人はきっぱりしているけれど、時にそれが私には傷つくことも

あるけれど、全体的に家人の面倒見の良さと優しさに救われる。


なんといっても家人の愛情の深さを目に見えて感じられること。


私はわかりやすい愛情が好き。


不安症の私は、愛情が目に見えるのが重要。


家人はとてもダイレクト。


私の誕生日に娘と家族とでお祝いした。

すごく楽しかった。

去年、一昨年は一緒に過ごさなかったけれど、今年は一緒に

食事とカラオケで盛り上がった♪


家人が、ケツメイシの「月と太陽」を歌ってくれた時に感動して

泣けてきた。

それから、娘の合唱曲にも泣けてきた。

泣き虫の私・・・。


いつも、西野カナや絢香、ボカロを歌っている娘。


彼女は芸術性が高いので、素晴らしい絵を毎年贈ってくれる。

もう少しお金が余裕できたら、ライセンスをとるために習おうと

決めている師匠がいる。

その作品は既に仕上がり、家人とともに感動してしまった。


家人からも、絵手紙をもらった。

今度、家人が私に旅行をプレゼントしてくれるといってくれた。

家族で雲海を見て、一緒にトレッキングする予定。

すごく楽しみ。

FC2 不倫ブログランキング

  • 執筆者:hyi0112
  • カテゴリ:家族
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (2552)

中秋の名月に満月を眺めつつ、家人と歩いた。
次にこの日に満月が眺められるのは2021年とのこと。
気持ち良い夜風を感じながら、ペースを速めて
歩く。

さんざん文句を言っていたウォーキングなのに
今はすごく楽しい。

家人は、体を鍛えているので歩くペースが
普通に歩いているように見えるのに、物凄く
早い。
最初の頃は、私に合わせてくれていたけど
だんだん慣れて来たから、私の方が家人に
合せてついていってる。

まあ、本格的にじゃないけど、色々話をしながら
50分、4キロ、心拍118で毎日6000歩強、歩いている。
3.5劼らい。一日一万歩になるように、
日常生活で補っている。

家人が買ってくれた、伊能忠敬の万歩計を励みに
全国地図を作れるアプリが楽しくて頑張っている。

身体を動かすのって本当に気持ち良い。

フォームは気にしない。信号では停まってる。
でも、一人じゃこんなに長く歩けないし、続かない。
家人に感謝。

私は少し気管支が弱いので、心肺機能を高めたい。

最近朝晩の温度が低いので、咳が辛くて夜
不眠だったりする。
こんなに疲れているのに、朝まで悶々としている。

だから、今は体のリズムを整えるために薬も
少し足している。
おかげで昨夜はぐっすり眠れた。

運動後にゆっくり好きな本を読みながら、
ゆっくり半身浴。

続けることが大事。
頑張って、燃焼していこうっと。

帰りに必ず、家人が私を街灯の届かない暗がりに
誘ってキスをして「じゃ、また明日ね。おやすみ」
と別れる。
少しだけ、離れる時のさみしさを感じる。

つい、手を握ったままなかなか離さなかったり
ぎゅっと力を込めて引いたりしたり・・・

家人は困った顔して、でもちょっと照れた顔する
からその表情を見たくなることもある。

慣れきった相手の家人なのに、なぜかキスされる
前の恥ずかしさがとれない・・・。

キスって不思議・・・
キスする数秒前のあの期待感が。

FC2 不倫ブログランキング

  • 執筆者:hyi0112
  • カテゴリ:家族
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (1343)

最近、家人と本格的に家づくりの計画を始めた。

早速週末に情報館へ二人で出かけた。

娘は、家人の実家へ久しぶりのお泊り。

毎長期休みの恒例行事が再開された。


家人の母は、私と家人が別れてから娘のことを

口にすることはなかったけれど、家人があるきっかけで

私とよりを戻したことを打ち明けてしまい・・・(早すぎっ)


家人は私との結婚指輪を何度も捨てようとしたけれど

思いきれず、ずっと持っていて、私とよりを戻してからは

早速薬指にはめだした。

そして、職場で実母に見とがめられてしまった・・・・。

確信犯!?私にはそう思えてしまう。


そして、家人の母はすんなり受け入れてくれたそうだ。

なにより、娘っことまた会えることを喜んだ。


この1年半の空白期間を埋めるように、自然な流れで

娘は、出かけていった。


結局・・・

これが自然なかたちなのかな。


家人は私に優しい。


普段連絡は1日一通くらいしかメールしない。

しかも、事務的なことだけ。


けれどお互いに信頼しあっている。

まあ、出会って10年も経つとラブラブさはないのかな。

私も家人も、もともとそんなにメールしない性質だし。

電話もしない。

週末、一日だけ会って夜に抱き合うのみ。


家人は早くまた一緒に暮らしたいねと言っている。

来年・・・。家が建つ頃。


情報館で条件に一致した工務店を紹介してもらい

来週、娘と一緒に三人でモデルルーム見学と打ち合わせ

の予約を入れた。


家人が私に気を遣って、一旦お互いの家に帰って休むことに

同意してくれた。

夜に、娘を迎えに行ってくれて、その後家人宅に行き

抱かれて帰ってきた。眠い・・・。


私の身体がものすごく感じやすくなっていることを

喜んでいる。別れる前は、私が拒んでいた。

面倒くさくて・・・適当に気持ち良いけどって程度。


でも、私が性の悦びを知ってしまった。


それは、不倫彼に私の身体を開発されてしまったから。

喜んでいいやら虚しいやら・・・

不倫・婚外恋愛ブログランキング

  • 執筆者:hyi0112
  • カテゴリ:家族
  • コメント (0)
  • トラックバック数 (0)
  • 閲覧数 (1157)

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 41 »

▲ページトップへ

  新規登録  パスワード紛失